*

高すぎる状態

とうとうエントリーする時という場面では、何よりも事前対策を怠ってはならない。

 

FX取引を始める前ならば出来事を落ち着いて見ることが可能です。

 

だがしかし、一回取引の内側に深入りするとどう試みても物の見方が自分勝手なものになってしまいがちで往々にして正しい状況判断ができなくなる不安があります。

 

そのために自分自身の考えが冷静な場面で正しく準備を進めておくことが必要です。

 

"事前準備"とは、あなただけの筋書きを記す事から始めます。

 

未来の市場は下がる(または上がる)から、ランドを買う(あるいは売る)というような、自分なりの物語を描いていきます。

 

次にローソク足チャートを調べましょう。

 

過去の市場の値動きを調べて、値段を確かめます。

 

すると、「今日は高すぎる状態だ」そうでなければ「すでにたくさんの方々が売買しているから、これから急に買い(または売り)しても遅すぎるな」などと理解できます。

 

無論すでに売買するのが遅すぎるなと考えたら、エントリーしないで、その場面では割り切ることが肝心。

 

どうしてもあなたの台本を妥協しないで、無理やりトレードすると為替相場に押し返されてしまいかえって損害を受けることになります。

 

ただかなりの場面で、緻密な自分自身の台本を思い描いておくと、仕かけるのが手遅れというケースにはなりません。

 

おそらく、本格的に外国為替相場が上げ下げする前の状況のはずだからです。

 

次に、あなたが売買しようとする外貨ポジションの変動をきちんと点検する事が重要です。

 

仮定として円安が進むと推測するストーリー展開を作ったのであればドルの推移に注目する事が大事です。

 

相場の変動をチェックし始めたばかりではまだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに上げ下げする雰囲気を見せることなく、小幅な変動をしているだけでしょう。

 

でも、その変化をじっくりと見ているとあるところで少しずつドル高の方向へと市場が向い始めます。

 

この状況でやっと、ドル買いのエントリーします。

 

通常、念入りに準備をすればその注文で勝利する割合はかなり高まります。

 



コメントする