*

投資

いよいよ始めちゃいます

いよいよ開始する時という場合には、まずは下調べをしなくてはいけません。

 

取引を行う前であるとすれば、起こる事を落ち着いて観察する事のできる余裕がある。

 

だが、一度売買の内側に入ってしまうとどう工夫しても受け取り方が主観的になってしまい、時として適切な見方が出来なくなる。

 

リスクを負います。

 

その分自分自身の頭が論理的な状況で、適切に準備をしておくことが大切なのだ。

 

その"準備"のためにはまずは自らの台本を書くことから手をつけます。

 

投資環境はああだから、豪ドルをエントリーするといったあなたなりの筋書きを書いていきます。

 

次に重要なのは相場をチェックする事です。

 

今までのレートの動きを確認して、今の価格を確かめます。

 

すると、「現時点ではかなり行き過ぎた状態にあるな」他には「すでに大勢の人々が売買しているからこれから先大急ぎでエントリーしてもやりようがない」などと分かってきます。

 

もちろん今さら取引するのが遅いと感じたら、何もしないで、きっぱりと割り切ることが重要です。

 

どう工夫してもあなたのストーリー展開を貫いて、諦めずに注文すると、マーケットに跳ね返されてしまい、かえって為替差損を受けることになるリスクがあります。

 

ただし多くの場合では準備が出来ている台本を作り上げていくと売り(または買い)が遅すぎるということにはなることはありません。

 

おそらく、リアルに為替相場が変化する前の状態のはずです。

 

次は、まずはあなたがとろうと決めている通貨ペアの推移を、しっかり見る事が大事です。

 

仮に円安に向うだろうという筋書きを記したのであれば、該当する外貨の動きに注目しておくことだ。

 

外国為替相場の動きを確認し始めた状態では該当の外貨は誰の眼にも明らかに動く気配を見せることはなく、上下に細かい変動をしているだけでしょう。

 

だが、その変動をちゃんと気をつけているとある地点でじわじわと、円安へと変動し始めます。

http://blog.livedoor.jp/myokomiyoko/

このタイミングで初めてドル円のトレードします。

 

通常、これだけ緻密に計画を進めておけばその売り買いで利益を上げる率は比較的高まるはずだ。

 


高すぎる状態

とうとうエントリーする時という場面では、何よりも事前対策を怠ってはならない。

 

FX取引を始める前ならば出来事を落ち着いて見ることが可能です。

 

だがしかし、一回取引の内側に深入りするとどう試みても物の見方が自分勝手なものになってしまいがちで往々にして正しい状況判断ができなくなる不安があります。

 

そのために自分自身の考えが冷静な場面で正しく準備を進めておくことが必要です。

 

"事前準備"とは、あなただけの筋書きを記す事から始めます。

 

未来の市場は下がる(または上がる)から、ランドを買う(あるいは売る)というような、自分なりの物語を描いていきます。

 

次にローソク足チャートを調べましょう。

 

過去の市場の値動きを調べて、値段を確かめます。

 

すると、「今日は高すぎる状態だ」そうでなければ「すでにたくさんの方々が売買しているから、これから急に買い(または売り)しても遅すぎるな」などと理解できます。

 

無論すでに売買するのが遅すぎるなと考えたら、エントリーしないで、その場面では割り切ることが肝心。

 

どうしてもあなたの台本を妥協しないで、無理やりトレードすると為替相場に押し返されてしまいかえって損害を受けることになります。

 

ただかなりの場面で、緻密な自分自身の台本を思い描いておくと、仕かけるのが手遅れというケースにはなりません。

 

おそらく、本格的に外国為替相場が上げ下げする前の状況のはずだからです。

 

次に、あなたが売買しようとする外貨ポジションの変動をきちんと点検する事が重要です。

 

仮定として円安が進むと推測するストーリー展開を作ったのであればドルの推移に注目する事が大事です。

 

相場の変動をチェックし始めたばかりではまだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに上げ下げする雰囲気を見せることなく、小幅な変動をしているだけでしょう。

 

でも、その変化をじっくりと見ているとあるところで少しずつドル高の方向へと市場が向い始めます。

 

この状況でやっと、ドル買いのエントリーします。

 

通常、念入りに準備をすればその注文で勝利する割合はかなり高まります。

 


しっかりと明日を見据えよう

破産申告の際に抱える借り入れに対しその保証人となる人がいる場合にはあらかじめ連絡をしておいたほうがよいでしょう。

 

再度、強調させていただきますが、債務に保証人がいるときは破産手続き以前によく考えた方がいいでしょう。

 

その理由は破産して免責されると、その人がそれらの義務を全部支払う必要が生じるからです。

 

だから、破産をする前に保証する人に過去の内容や現在の状況を説明して、お詫びをしなければいけないでしょう。

 

これらのことは保証人からすれば不可欠なことです。

 

負債者のあなたが破産することで、自動的に何百万円もの支払い義務が発生するのです。

 

そうなると、それからの保証人である人の考慮する道は次の4つです。

 

まず1つめですが、保証人となる人が「みな返す」という手段です。

 

保証人がそれら何百万ものポンと返せるほどの資産を用意していればこの方法ができるでしょう。

 

でもその場合は自分で破産手続きせずに保証人となる人に立て替えてもらって保証人である人に返していくということもできるかと思われます。

 

もし保証人があなたと関係が親しい場合は、少しだけ完済までの時間を延期してもらうことも可能かもしれません。

 

また一括で完済できなくともローン業者も相談すれば分割での返済に応じるかもしれません。

 

あなたの保証人にも債務整理を行われてしまうと貸金がなにも返金されないことになるからです。

 

保証人がもし保証したお金をあなたに代わり支払う財産がなければ借金した同じように何らかの借金の整理を選ばなければなりません。

 

2つめの選択肢は「任意整理をする」処理です。

 

この手順では貸した側と話す方法によっておおよそ5年弱の期日で返済する方法です。

 

弁護士などに依頼する際の費用の相場は1社ごとに4万。

 

全部で7社から契約があったなら約28万円かかることになります。

 

確かに債権者側との話し合いは自分でしてしまうことも可能ですがこの分野の知識がない方の場合債権者側が自分に有利なプランを投げてくるので、慎重である必要があります。

 

いずれにしても、任意整理を選択するという場合も保証人に借り入れを払ってもらうことになるわけですから、借りた本人はちょっとずつでも保証してくれた人に支払いをしていく必要があるでしょう。

 

次の3つめは保証人も債権者とともに「破産を申し立てる」という方法です。

 

あなたの保証人もあなたと同じように破産を申し立てればあなたの保証人の負債もチャラになります。

 

ただその場合は、あなたの保証人が戸建て住宅などを所有しているならばそういった私財を失ってしまいますし資格制限のある業界にいるならば影響が出ることは必須です。

 

そのような場合は、個人再生という制度を検討することができます。

 

一番最後に4つめの選択肢は「個人再生という制度を利用する」方法があります。

 

不動産を手元に残したまま借金の整理をする場合や、自己破産手続きでは資格に影響する職務に従事している場合に有効なのが個人再生制度による整理です。

http://maruta.be/gamapart

これなら、マンション等は処分が求められませんし、破産手続きのような職種制限、資格にかかる制限がありません。